« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

帰省日記4日目

年末恒例行事となったクルミつぶし。
山からとってきた野生の鬼クルミをハンマーでたたき割り中身をほじくりだして
餅につける用のソースをつくる作業である。

今年は少しお湯でゆるめ過ぎ、やや薄めになったが味はまずまずの出来。
作業途中に昼食をはさんだためとくに腹が減っておらず、味見以上の試食はせずにそのまま冷蔵庫へ。
ほとんど脂分なので冷やせばほどよい固さになるであろう。

駅前にこの秋完成したデカいイオンを見てみたいということで買い物に同行して視察。
平屋の建物に食品はもちろん、ペットショップとか書店とか電器店まで入ってる
広大なショップモールだった。田舎はなんでも広くて気分が良い。

鱈を買って帰宅。
夕食は味噌仕立てのじゃっぱ汁

買ってきたブツ切りをそのままテキトーに投入したらしい母親が
煮上がった鱈のまるごとな胃袋見て「なにこれ気色悪い」とのたもうておった。

| | コメント (0)

帰省日記3日目

寝起きから親にヤイヤイ言われて気分わるく過ごす。
いろいろあったけど書く気にならないのでおわり。

| | コメント (0)

帰省日記2日目

0時ちょい過ぎにころっと寝て、目が覚めたら12時すこし前。
静かな山奥はよく眠れる。

昼は煮込みラーメンみそ味餅入り。

今年はわが家が町内会の当番だとかで
近所の神社(というか祠みたいなちいさいお社)の準備をしなければならず、
両親はしめ縄の用意をしていたのだが
カミナリ型の紙をどう取り付けたら良いのかをネットで調べさせられた。

オリジナル次回作の素材制作をしながら留守番。
居間のコタツでぬくぬくと作業したのだが
天板の木目のせいでマウスの反応が悪く、若干難儀する。

その後軽く雪かたづけなどして過ごす。

夕食はキンキの鍋。
金目鯛と混同されやすいがまったくの別物。
「キンキン」と呼ばれたりもするがあなたの街の宣伝本部長とはまったくの別物。

| | コメント (0)

帰省日記1日目

年末帰省。
できれば来年中には活動拠点を青森に戻そうと思っているので
この帰省もあと何回になるかわからない。
約3時間の新幹線乗車中は窓際席だったのでひたすらずっと外を見てた。

実家はすっかり雪が積もっており、屋根から落ちた雪が窓の外に高い三角形を築き上げている。

前回の帰省時、親父が「ホッピーって飲んだことない」と言ってたのを覚えてたので
『ホッピーおためしセット』を通販で手配し、今回のおみやげとした。
はりきって冷やしている模様。

夕食は白菜に豚バラはさんでやる鍋。
あれ、毎年だれかがCMでやってる印象がある。

現在夜11時半過ぎ。静か過ぎてねむい。

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »