« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

帰省日記7日目

弟がちょっとした買い物で隣町まで車で行くので
あの町なら大きめの書店がいくつかあるし、昨日見つけられなかった本を探してみるべえ
ということで同行。

3つの書店をまわったが、結局見つからず。
ちなみにこの本である。


ブッチュくん大百科

こどもの発想。などが置いてあるサブカルコーナーはもちろん、
まちがえて小学館のドラえもん系列に分類されているおそれもあるため
キッズコーナーまでくまなく探したのだが見つからず。
「ブッチュくん…」というワードを口に出して店員に訊ねる度胸がないため諦める。

もう何年もアマゾンに頼りっきりで書店での本の探し方がわからなくなった。


晩飯は寿司。もちろん回転しているほうの。

どうも数年前にできた全国チェーンの回転寿司店がわが家の人にとっては手軽なごちそうらしい。
まあ、田舎なら回転寿司でもわりとうまいものである。

10皿+みそ汁で満腹。

帰宅したらスーパーで安く買ったサザエがあんまり日持ちしなそうだからいま食おう、と。

Dsc_0047

サザエはデカいほうが美味いと聞いているが、今日は小ぶりのやつを壷焼きにして3つ。
うまいサザエを知らないのでこれがうまいのかどうかわからず。

そういえば寿司屋でカツオの握りとワカメのみそ汁も食べたのだった。

| | コメント (0)

帰省日記6日目

ちょっと買いたい本がamazonで入荷待ち続きなのだが
「人気の新刊は地方の書店なら在庫あったりするよー」って話をよく聞くので
そのいわゆる“地方の書店”へ。

高校時代、学校の帰りにバス待ちながら立ち読みしてた本屋さんであるが
平日の昼間はほとんどお客なし。
目当ての本もなし。
悲しいほど寂しい店内で唯一の客が何も買わずに出て行く、
という状況をつくりだしてしまうのがなんとも申し訳ない。

こないだ行った薬局に寄り道して、
そのとき見つけといた「江頭ストラップ」のガチャガチャを試す。
通常は200円でハズレなしらしいが、そこはハズレつきの100円。

5回やって

Dsc_0045

・スライム
・モンハンの消しゴム
・デコ電とかに使うシール
・チョコエッグの中のオマケ
・あかちゃんまん(アンパンマンのキャラ)のマグネット
のハズレ5点をゲット。

意気消沈して帰宅。


そんな実のない一日。

| | コメント (0)

帰省日記5日目

2日目の夜の焼き鳥で足に収得した虫さされがかゆくてかなわぬ。
実家には使用期限が10年前に切れたムヒしかない。

といっても決してかゆみ止めが買えぬほど貧乏であるというわけでもないので
キンカンを買いに面倒ながらも車で10分ほどの薬局へ向かう。

虫さされの薬は数あれど日本の夏といえばキンカンであろう。
夏の季語になってもいいくらいなのではないか。

これ、成分の21%がアンモニア水なのだな。
Dsc_0043

キンカンは虫さされに対しては一時的にかゆみを抑えるだけの効果しかなく
虫さされそれ自体を治癒する薬品ではない。
他の虫さされ薬もほとんどそうなのではないかと思うが。

塗って乾かし塗って乾かしを繰り返す、そんな一日。

以上、本日のキンカン日記。

| | コメント (0)

帰省日記4日目

十和田湖ちかくにある温泉場、蔦沼(つたぬま)へ散策に行く。
なんかわからんけどウチの一家が気に入ってるらしい。

Dsc_0025_2

行く途中で八甲田の山々を望む。


Dsc_0026

うねうねした山道を一時間弱ほど通って酔いそうになったあたりで到着。
ちなみに蔦温泉は吉田拓郎の『旅の宿』の舞台らしい。

でも温泉は目的ではないので沼に向かってひたすら歩く。

Dsc_0032

メインの沼。


Dsc_0036 Dsc_0038 Dsc_0039 Dsc_0040

ジブリライクな道を一時間ほど歩く。


くたびれた。

| | コメント (0)

帰省日記3日目

昨日の火おこしで激しくウチワを振ったせいで右腕が痛い。
それと虫さされがかゆい。

今日も晴天で30度超え。
それでも風通しが良いので日陰になるところは涼しい。
いかに東京の暑さが凶悪なものであったかを想起。

日がな一日特にこれといったこともせず過ごす。
なので写真もとくになし。

家にあったムヒの使用期限が2001年11月。
塗っても清涼感皆無であった。

明日はでかけるっぽい。

| | コメント (0)

帰省日記2日目

晴天で30度ちかくまで気温が上昇したが
風がひんやりして気持ちよいので
木陰にディレクターチェアなぞ置いてスターのバカンス気分を味わおうかと思ったが
庭を飛び回るオニヤンマに日本の田舎風情を感じさせられる。まあそれはそれで良いものである。

夕食は以前親戚が泊まりに来たときにバーベキューやって残ったっつう冷凍焼き鳥を
せっかくだから炭火で焼こうということに。

Dsc_0022

味噌おにぎりとイカも焼く。


Dsc_0020

親父の好物であるがその味が想像できず食わず嫌いしてた「ミョウガ田楽」であるが、
なるほど、焼くとミョウガの香りが和らぎちょうどよい酒肴となる。
歯ざわりも焼きネギみたいに柔らかい。


Dsc_0023

焼きニンニク。
東京だとかなり高価になるはずの良粒だが、ここはその産地であり親戚からのもらいもの。
ホイルに包んで焼くとイモのようにホクホクになる。


あと、青森名物といえば

Dsc_0018

イギリストースト。

食パンにマーガリンを塗ってグラニュー糖をまぶし、もう1枚ではさんだやつ。
グラニュー糖のジャリジャリ感がなぜかうまい、
たぶん知らない人には理解されない味。今日の朝食。


食い物日記になった。

| | コメント (0)

帰省日記1日目

カレンダー上にバラけてた細かな用事がだいたい片付いたのと
東北地方もようやく涼しくなったっぽいとの情報もあったので
なんの変哲もない平日ではあるが一週間ほど夏休みとし、帰省。

青森の山奥は雨天ということもあって涼しい。

毎日湯あたりしてたような東京生活から来週いっぱいまで解放される予定。

田舎の夜は静かで眠くなるのでもうねる。

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »