« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

16進法用新アラビア数字の考察

16進法で数を表す場合、9以降の数字にはa〜fを代用するのだが、
もし無理矢理アラビア数字を新たにつくっちゃったらどうなるか考えてみた。

まず、0〜9までの10コの数字は以下のとおりである。

Arabnum_10_a_2

新文字を考えるにあたり、一旦「セブンセグメント」いわゆるデジタル表示にしてみる。

Arabnum_10_d

この表示方法で重複やアルファベットとの混同がなるべく生じず、かつ
バランスを保つため必ず上下2段を使用し、
各セグメントは飛び地がでないようひとつながりでまとめるというルールでデザイン。

Arabnum_16_d

以上の6つができた。
3つめが「e」と混同しそうなのはいま気づいたけどもうこのまま進める。めんどくさいから。
これを書き文字に変換。

Arabnum_16_a

このようになった。


やっぱりアルファベット代用のままで良いと思った。

| | コメント (0)

帰省日記6日目

実家で丸一日過ごすのは今日が最後。

今日も天気はイマイチ。結局気持ち良く晴れた日は一日もなかった。

昼ごろ、近くにある中央公園で開催されてるらしいのど自慢大会の音が
風向きのせいでかすかに聞こえてた。

午後にちょろっと買い物行って880円のジーンズやニャロメのTシャツなどを物色。

夕飯はカレー。わが家では親戚など数日滞在した人が帰る前夜のご飯は
「おわカレー」としてカレーになる習慣がある。
私の場合はつくらされるのであるが。

特に小細工などせず、飴色に炒めた玉ねぎを投入する程度のひと手間だけくわえて作る。
いわゆる「普通にうまい」ものであった。

以上。


明日夜東京もどる。いやだけど。

| | コメント (0)

帰省日記5日目

朝、というかもうすでに昼近くだったけど
ゲリラ豪雨が屋根を打つ音で起きる。

午後、豪雨で洗われたみたいに空気が澄んでて気持ちよかったので
晴れ間が覗いた時間を狙って田舎風景の中を散歩。

以下、なんとなく撮影した写真を並べるけどとくにおもしろいことはないです。

St330165
近所のなにやってんのかわかんない倉庫みたいな会社の裏の杉林を通る。

St330166
田園地帯に出る。どこの田んぼもまだ田植え前。

St330168
川沿いを進む。次の橋で向こう側に渡ろうと思ったらやたら遠かった。

St330169
橋を渡ってからしばらく歩いて振り返ってみたところ。しみじみ田舎。


この後、住宅地、というか集落と言ったほうがしっくりくる風情の中を歩いて帰宅。
人のいねえこといねえこと。
普段飼い主以外の人間をあまり見ないのか、犬がやたら吠えてきた。

| | コメント (0)

帰省日記4日目

良くはない天気だが、やっとまともに出かけられそうな感じだったので
隣の野辺地町の桜スポット「愛宕山公園」へ。
「愛宕」ってのも割とどこにでもある地名だな。

St330161

山からの展望。とにかく民家がいっぱい見える。奥は陸奥湾。

St330158

公園を縦断するようにかけられたこいのぼりのスタート地点。
前日の強風により何本かからまっちゃってる。

St330164

山頂の展望台。年季が入っており、

St330163

入り口の補修跡が不安をあおる。ぜんぶなおしたらいいのに。


そのあとスーパーで刺身用のクジラ肉などを買って帰宅。
何年かぶりに食べたら美味かった。写真撮るのわすれたけど。

| | コメント (0)

帰省日記3日目

5月2日って平日だったのか。

睡眠リズムの変調からかどうにも体調がよくない。
風邪かもしんない。

今日も一日曇天。風も強くて寒かった。

数年前から親父が
「アナログ放送終了直前のゴールデンウィークに地デジ対応のレコーダーに買い替える」
となんだかよくわからないこだわりの宣言をしてたので、
今日がその日と、昼飯ついでに一家連れ立って電器屋へと出かける。

昼飯は回転ずし。9皿で満腹になった。老いた。

テレビとメーカー合わせるっつー大前提があるので
特に迷うこともなくすんなり決めて購入し帰宅。
配線して親父におおよその使い方をレクチャー。

今日の主な出来事は以上。

晩飯はあんこう鍋。

| | コメント (0)

帰省日記2日目

朝5時半に頭痛で目覚める。
置き薬飲んでまた布団にもぐり、20分ぐらいした頃であろうか
急に痛みが消える感覚をハッキリ感じ取ってから眠りに入り12時の昼飯に起こされるまで寝る。

終日雨だったのでどこにも出かけられず。

2月に母の還暦祝いとして贈ったルンバの挙動を観察して過ごす。

St330153
はたらくルンバ。

主に玄関ホールで働かせているらしいが、しょっちゅう玄関に落ちかけてエラー起こすので
毎回救助に行かねばならないという。

「ほっとくと1時間も掃除してる。掃除機なら5分で終わるのに」だそうである。


あと、もう何年前に描いたんだか憶えてないラクガキに
St330154
名前つけて保存されてた。


今日はそれぐらいな日だった。

| | コメント (0)

帰省日記1日目

東北新幹線「はやて」で帰省。
残念ながら「はやぶさ」だと我が七戸十和田駅を通過しちゃうのである。

前夜、遠足前の小学生が如くどうにも寝付けず、結局一睡もできないまま
眠気が襲ってき始めた午前10時ごろにフラフラと東京駅へ。

なんとか寝落ちすることもなく無事乗車(ちなみにはやては全席指定)し
「やっと寝れるー」と思うも、乗り物内で熟睡できない体質のため
浅い睡眠と起床を繰り返す4時間(徐行運転のため通常より+1時間)。

窓際席だったので仙台駅付近で周囲を見渡すも、内陸を走る新幹線からは
津波に襲われた地域は見えず。
仮設住宅とおぼしきプレハブやその予定地であろう現場がいくつか駅ちかくの線路沿いに見えた。

仙台市内はいままで通りのような、でも少しくすんでいるようにも見えた。


八戸駅で乗客が一気に減り、車内の8割の席が空く。
せっかくの大連休なのになんかうすら寂しい。


時刻通りに駅に到着し、母と弟の迎えの車で帰宅。
途中、ちょうどよき時間で現在一往復限りの「はやぶさ」の通過が見られる
ベストポイントな跨線橋にさしかかったので車を脇に停めて鑑賞。
真正面から高速で走り抜ける様はなかなかの迫力でカッコ良かった。


家ついてからも軽い居眠りを繰り返しながらどうにもすぐれない体と脳でぼんやり過ごす。

夕食はなぜかメインディッシュがイカリングフライ。
わが家では珍しい。特にごちそうでもない。なぜだ。

風呂はいって横になってたら頭いたくなってきたのでもう寝る。
明日は天気悪いらしい。

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »