« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

郷土LOVE

会社の人にまとめて注文してもらった
みうらじゅんの郷土LOVE到着。

Mj090727

サングラスしおり、直筆サイン入りが当選したので
下手に触れない。


ちなみにもうひとりの人も当選。

Mj090727_2

牛でした。

| | コメント (0)

曇りなりに

代官山から

Eclipse_090722

たぶん東京での最大食時。
雲がいい具合にフィルターになって裸眼で観測できた。

雲の厚み次第では日食メガネを使ったりのギリギリラインでした。

| | コメント (0)

ジャンピヨン

最近やった仕事がいつの間にか公開されてるっぽい。

全国TOHOシネマズで
本編の前にちょっとした短編を流すっつー「GIFT MOVIEプロジェクト」が始まりまして、
その第1弾 『紙兎ロペ』の中に出てくるアキラ先輩がハマッてるケータイゲームをつくりましてございます。

『ジャンピヨン』ってタイトルです。
(去年つくった「クライムさん」ってゲームのバージョンアップ版なんだけど)

実際にダウンロードして遊べるのでぜひどうぞ。


このプロジェクト、本編の前にやってるから
映画見終わったら記憶から消えちゃうんでねえの?という危惧のもと
宣伝した次第にございます。

| | コメント (0)

筒井本

立て続けに読んだ筒井康隆の本(ほぼ代表作だが)が
全部おもしろ過ぎたのでオススメせずにいられない。

LINK
「敵」

妻に先立たれ独りで暮らす元大学教授の老人の生活を
「朝食」「友人」「病気」「性欲」などの短い章立てで細密に描く小説。
毎晩寝る前にちょっとずつ読めるつくりなのだが、
おもしろ過ぎて止まらず、貪るように読んだため寝不足が続いた。
ここ数年読んだ中でダントツ1位。


LINK
「旅のラゴス」

おそらく未来。電気・機械の文明を失う代わりに超能力を身につけた人類が暮らす世界を旅する
ラゴスという男の記録。
表紙に惹かれて買ったのだが、期待を裏切らない内容で大満足。
著者自身が「次にアニメ化するならこれなんかどう?」と推薦してるらしい。


LINK
「大いなる助走」

著者自身の「直木賞候補となりながら選考委員に酷評され落選」という体験への
復讐心で書かれた(ことはまちがいない)快or怪作。
自筆原稿が装丁に使われているらしいが
「…張め。殺す。」の文字にニヤリとさせられる。


LINK
「残像に口紅を」

章ごとに「使える50音がひとつずつ消えていく」という究極の日本語実験小説。
こんなの、思いついた人はゴマンといるだろうが、
そのゴマン全員が即座に「できるわけねーよな」でやめるはず。
なのに本当にやってしまったのが筒井康隆という超天才。

| | コメント (0)

日食メガネ

St330045

4個買うと1個オマケになるからって
まとめ買いした会社のひとに押し売りされちゃったよーう。

しかも、当日もし天気悪くても返金してくれねーっつー悪徳商法。

ちなみにもう品切れらしい。

| | コメント (0)

とうめし

いろいろとご心配おかけしとりますが
寝込んだりとかもせず、普通に暮らしてますので大丈夫です。

さて、
そんなわけで食事なのだが、極力油脂類を避けたラインナップとなるわけで、
ここ数日はうどん・豆腐・納豆ごはんがメインである。

今日ふと、「とうめし」という料理のことを思い出し、
見よう見まねというか、食ったことないので想像しながらつくってみることにした。

買い置きの豆腐と
開栓して2週間ほど経過しちゃったそうめんつゆ(開栓後は3日以内に使いきれとか書いてある)
があったので、これで超テキトーにこしらえた。

Cimg0497

豪快なヴィジュアル。

やはり煮込み時間が短か過ぎた。
ほぼ味が無ぇ。
絹ごし豆腐だったのも味が染みにくい原因か。

おかずの納豆でどうにか完食。

ちゃんとしたやつ日本橋で食ってみたいな。

| | コメント (1)

胃カメラ日記

■7月1日深夜
突如強い腹痛に襲われトイレにヘタリこむ。
内臓が破裂したらこんな感じではなかろうか、といった質の痛み。
嘔吐感はなし。ただただ脂汗がにじむ。
いつまで経ってもひかない痛みに救急車呼ぼうかとも思ったが、
30分間ほどでどうにか治まったため、朝になったら病院行こうと決めて就寝。


■7月2日
朝イチで近所の病院へ。
以前から胸焼け・膨満感が続いていたことを伝える。
問診・触診で「逆流性食道炎」との診断。
ただし、他に要因がある可能性もなくはないということで
「いい機会だし」「一回はやっといたほうがいいよ」
っつー言葉で胃カメラ検査を勧められ、こちらも好奇心で承諾。
検査のために血液検査も必要らしく、採血して薬出してもらって帰宅&出社。


■7月3日夜
会社から帰宅すると病院から留守電。
「血液検査の結果に異常があるので連絡ほしい」
すぐに電話してみるも、どうにもこうにも要領を得ない留守番のばーさんが出てダメ。
明日改めて電話することを伝えて切る。


■7月4日
朝イチで病院に電話。
「今日すぐに来られるか?」と。
すぐ行く。
到着するなり腹部超音波検査にかけられる。あの、妊婦さんとかがやるエコーみたいの。
その写真見つつ医師から説明。

・血液検査の結果、肝臓に関する数値が通常値の10倍以上。
・超音波検査から見るに、胆のうが炎症、肝臓に脂肪が定着(いわゆる脂肪肝)。

だそうで、
「昨日はいつもどおり仕事したの?」
と、不思議そうな顔で訊ねられた。
普通、こんな肝臓の数値を持つ人は、立ってるだけでもしんどいらしい。

酒もほどほど・タバコは吸わない・仕事のストレスもたいしてない
なのにこんなになるのも珍しいとかなんとか。

とりあえず「肝機能障害」を宣告され、アルコールと脂っこい食品を控えるよう言われる。

血液の追加検査用に採血&肝臓の働きを助ける薬を注射して帰宅。


■7月6日
胃カメラの日。
説明で「うどんぐらいの太さですから〜」とか言われてたのに
いざ見るとそこには4色ボールペン並みの太さのカメラ。
なぜか「ハメられた」と思いながら腹をくくる。

ハタから見たら気の毒なぐらいの嘔吐き(“えずき”はこう変換された。“えづき”は変換されないが、「餌付き」のほうになるらしい)
を繰り返し、涙を流し、されるがままに差し込まれる。

胃まで届くとわりとラクになるが、もはや身じろぎひとつとれるわけなし。
こっちは串刺しの立場なのだ。

最初の診断通り「逆流性食道炎」。
食道に荒れがあり、一部ザラザラになってるっぽい箇所(心配するほどではないらしい)を
組織検査にかけるため採取して終了。
胃と十二指腸には異常なし。


んで、来週組織検査の結果と肝臓の動向を聞きに行くわけですが、
しばらくお酒と脂モノは絶ちますので、関係各位のみなさまにおかれましては
よろしくご理解のほどおねがいいたします。

| | コメント (1)

今年上半期の仕事

今年も半分終了。つーことで、
この間にやった主なFlash LITE仕事をカンタンに自己評。

すべて社内でつくったものなので当然ながらコピーライトは会社名なのだが、
ほぼひとりで制作、かつオリジナル臭の強いものについてはやはりクリエイターとしてひと言
「俺が作ったのだあー!」と表明しときたいのであり、
こうして紹介いたす次第である。

気になるタイトルはケータイで検索するなりググるなりして調べてください。


■ランドルト式動体視力測定
 …視力検査でおなじみのランドルト環を動かして動体視力を測定しようとした強引なゲーム。
  制作作業が正月明けだったので、プログラムの基幹部分は3時間ぐらいでつくった。

■デビル診断
 …去年から月イチで出してるエンジェル診断の兄弟作。問題制作担当のおねーちゃん的には
  ちょっと意地悪テイストな方向性でやってるらしいが、私には内容の違いがよくわからない。

■ループ・ザ・ループ
 …ナムコの名作「スカイキッド」をリスペクトした、シュートしないシューティング。
  やっぱりこのテのゲームは動作速度がきびしい。

■ニョキニョキタワーズ
 …去年の「カタヌケ」に続く“ケータイだからこそのゲーム”シリーズ第2弾。
  タイトルが「モヤモヤさまぁ〜ず」に似たのは無意識下においてのこと。

■バンジーレスキュー
 …発案&メインプログラムは南雲さん。私はグラフィックとフィニッシュワーク担当。
  「バンジージャンプでレスキュー」という、神経質な団体とかからお叱りがきそうな内容だが、
  さいわいにしてそんなことはなし。あってもかわいいから許せ。 

■怪盗ギャフン
 …「エッガーランド」をリスペクトしつつ主人公を泥棒にしたパズルゲーム。
  某SNSでは公開終了に一部ユ−ザーから抗議がきたため再公開されたという隠れ人気作。続編が間もなく公開。

■MEM
 …発案&メインプログラム南雲さん。グラフィックとフィニッシュワーク担当。
  ナスカの地上絵とかウィトルウィウス的人体図使ったりとかで賢さアピール。

■ガッポリ落とし穴SHOW!
 …「モンティ・ホール問題」を基に80年代テレビバラエティー風にした運だめしゲー。
  画面右下にいる司会者のモデルは貫禄を抜いた大橋巨泉。

■crux
 …その昔、ゲームが3次元に進み始めた時代に1次元のゲームを考えようとしたその過程で
  生まれたアイデアをやっと形にしたモノ。爽快感はさほどないものの、なんかやっちゃうゲームになった。

■モンスター屋敷
 …30代男子が涙するLSIゲームを再現。
  「なかなか買ってもらえなかったのを、ついに自分でつくってやったぜ!」的に自己満足。
  元ネタはもちろんこちら


とりあえず以上の10本。

他にもいろいろな会社さんのキャンペーン用ゲームとか
某アニメーションのFlash待受とか作ったけど、そこまでは紹介しません。


下半期分ももう数本制作中だがそれはまた年末に。

| | コメント (1)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »