« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

重症日記

21日(日付はもう22日か)

深夜2時、布団の中で
「なんか腹が張るなー」と思いトイレへ。

水いれたビニール袋に穴あけて思いっきり握ったような勢いで下痢が噴出。

ここ数日、会社で風邪が流行っており、その症状も人それぞれだったようなので
まあ自分も例にもれず風邪であろう、と、
「あーなんだ俺ぁ下痢かよ〜」と思ううちに吐き気を催し、体勢を変えそのまま嘔吐。
人生初の『上から下から』経験。

数度繰り返すうちにめまいで視界がかすみ始め、吐き気が再発。
脱水症状をおこしたらしく、急いで冷蔵庫にあったDAKARA2リットルをガブ飲みし、
どうにか吐き気だけは抑える。

発熱は特にないようなので「もしや食中毒なのでは?」と疑い始める。

だがそのうち全身に悪寒と震えが出始め、両手足の爪は紫、顔面は蒼白。
寒くてたまらず、処置の是非は二の次にして風呂にお湯張って入浴。

とにかく体が重く、起き上がっていられないのだが、
下痢は数分おきに襲ってくるのでその都度トイレに立つのがしんどい。

うーうー唸りながらなんとか寝入ったのがおそらく5時ごろ。


22日

9時過ぎぐらいに目が覚め、熱っぽさを感じて熱さまシートとアイスノン準備。
会社の人に休む旨連絡してひたすら睡眠。

途中何度かトイレに立つために目覚めるも、起き上がれないので夜まで布団の中。

トイレに行く度に飲んでたDAKARAがなくなってしまったので
気力をふりしぼってコンビニへ。
レトルトのおかゆと栄養ドリンクも購入。

まったく食欲も出ず、栄養ドリンクも効果なし。500円ちかくしたのに。

丸一日ほぼなにも食わずに就寝。


23日

下痢も治まり熱もひき、どうにか“病気”は治ったらしいものの
体力がどん底にまで落ちており、立ち上がるのがひどく億劫。
昨日につづき仕事は休ませていただくことにし、布団の中へ。

夜になってようやく食欲も出て来たため、軽くうどんを腹に収める。


結局病院には行かなかったため何の病気だったのかはっきりしませんが、
発症の時間と突然さ具合およびいままで経験したことのない重症さ加減から
「何者かによるワラ人形的呪術」
によるものと判断しております。

| | コメント (1)

リアルドルアーガ

Director仕事の最中、Sound itでサウンドファイルの編集して戻ったら
Directorの音声が一切鳴らなくなり、
なおかつサウンド関連のスクリプトがすべてエラーになってしまうという
不可思議な現象発生。

「Directorがクラッシュしたか?」と思い、再インストールを試みるも改善されず、
QuickTime動画の音声も出ないことに気づいたため、
「じゃあQuickTimeがイカれたか?」と思いQuickTimeの再インストールをするも
これでもダメ。

あきらめて帰宅し、一晩かけて調べたら
「一旦GarageBand起動させると直る」という
ドルアーガの塔の謎解き並みに理不尽な解決策発見。

一夜明け、会社で早速GarageBand起動したら解決。

どうも
「サウンドを扱うアプリケーションの中にはAudioMIDIの出力フォーマット設定を
デフォルトの44.1kHz以外に変更してしまうものがあり、
一部のアプリケーションでサウンドの再生に不具合を生じさせる場合がある。
そうなった場合、一旦GarageBandを起動すれば設定が初期化されて元に戻る」
という理屈らしい。

「なんっじゃあぁそりゃあぁぁぁ!」と心の中で全身全霊のツッコミ。

| | コメント (0)

ブームブロックス

まったく覇気が感じられないパッケージでク○ゲーオーラプンプンながら
ネットのあっちこっちで“隠れた傑作”と評判の「ブームブロックス」ってゲーム。

会社のT氏にオススメしたら早速購入して職場に持ってきてくれ、
ちょっくらお試しでプレイしたらば
「おー…これ、おもしろい」となって自分用にも購入してしまった次第。

簡単に言えば
“積み木にボールぶつけてくずし、目的のブロックを全部落とす”というだけなのだが、
現実のビル爆破解体のような崩壊連鎖を利用したり、
大きいブロックの落下で小さいブロックを飛ばすシーソーがあったり
摩擦力でワクにハマってるブロックがあったり…と、
物理演算しまくりギミック満載のステージクリア型アクションパズルなのである。

ゲーム企画のアイデアとしては単純だが、Wiiの操作性があってようやく実現できた遊び。
他社から出たことに任天堂はちょっと悔しがったんではなかろうかとさえ思う。

右腕がだるくなるぐらいやってしまった。


日本でほとんど宣伝されてないので
このゲームがあのスピルバーグさん監修ってこともほぼ知られてないであろう。
というか、スピルバーグの名前を冠することに意味があるのかどうか疑問なぐらい
映像的美麗さや惹き付けるような演出の妙味といったものは皆無。
んで、パッケージからもお分かりのとおりキャラクターセンスは日本人の感性圏外。

そういった点に目をつむれるならば
自宅のWiiがホコリかぶってるって人に是非。

ただ、売れてなさ過ぎにつき入荷してるお店も少ないと思うので
amazonとかで購入するのが吉かと。

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »