« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

アキレスと亀みてきた

土曜日、『アキレスと亀』観に渋谷へ。

都内の映画館にいくのは実は初めてなので、事前に調べたら
目的の劇場の評判は芳しくなく、
なるほどどこに座っても前の席の人のアタマが邪魔になってしょうがない。
自分のアタマも後ろの人には邪魔であろう。
もっと全体に傾斜ついてればいいのだが、狭い都内で空間の確保はやはり難しいのか。

ともかくまあしょうがないと諦めつつ観覧。


「幼少期におだてられてその気になる」
「モノをつくるが満足いく評価を得ることがない/認められない」
こんな経験をした(してる)人間にはたまらん作品。
ものっすごく良かった。
DVD出たら買ってまた観よう。


んで、まあ、やっぱりエンドロール観ないで席立つ人って多いのな。
劇場の構造の問題でもあろうが、
外に出ようと一番うしろに立った人の影が数秒間スクリーンに入ってしまい、
場内が一瞬殺気立った。
文字だけの画面であろうとこれはさすがに処刑モノの所業。


その後いつもの店で軽く飲んで帰るつもりが
久々に会った常連のおb、おねえさんと話し込んでしまい、予定外の深酒。


映画の余韻にあんまり浸る間もなく、ちょっともったいないことしたなと。

| | コメント (0)

ケータイ帰還

目が覚めかけの昼過ぎ、auショップから電話。
ケータイの修理が終わったとの報告。一週間ぐらいと聞いてたのだが、3日でできた。
ビジネス的口調ではあるが例の飲み友達のコなので
どうにかして笑かしたいのだが、寝起きのアタマでは気の利いた言葉も出ず。

そこらに落ちてた服ひろってテキトーに着替えてショップへ。

他にお客さんがおらず、忙しそうでもなかったのだが
今日は奥のほうの席に座ってたので
「フツーこっちに向かうだろ」的入り口真ん前のスタッフさんをスルー。
気合い入ったところなのになんか微妙に申し訳ないようなヘンな感じ。

原因はスピーカーの接触不良とかで、保証期間内だったので無料。
念のため持ってった免許もハンコも使わず。

軽く雑談交わしながら手続き済ませて「じゃあまたー」と言われた。
「また飲みましょう」の意味であろうが
「また故障してね」という冗談ととってしまい、「え?」と聞き返してしまった。

やっぱりINFOBAR2は良いな。

| | コメント (0)

ケータイ修理中

昨夜、急にケータイのスピーカーが死亡。通話相手の声がぜんぜん聞こえなくなった。

一夜明け、昼ちょい過ぎにauショップに向かったら
入店直前にそこの店員であり飲み友達のコに呼び止められ、
「いま私昼休み中なんだけど、30分後ぐらいにまた来てくれたら私が担当できるかも」
と言われたので、おもしろそうだし一旦メシ食いついでに出直し。

残念ながらタイミングが外れて接客中のご様子。
また出直すのもアホらしいのでとなりのスタッフさんに応対してもらい
“一時預かり修理&代用機貸し出し”ということに。

代用機は使うの気持ち悪いので、家に置いてた前機にICカード移して使用。
一週間ほど懐かしさにふけろうかと。

| | コメント (0)

オトナの本気工作3

5月中旬からモンハンの誘惑にしばしば負けつつも
地道に作業をつづけ、ようやく完成。

Dscn0216

オトナの本気工作第3弾
『エヴァンゲリオン初号機』


今回もまた1/100スケールのプラモデルを参考に
約11倍に拡大したサイズ。なのだが、

Dscn0218 Dscn0219

同スケールの前作ガンダム&シャアザクと比べるとかなりデカい。


わかりづらいけど一応目も光ります。

Dscn0217

わかりやすく、電気消して東京タワーバックに。

Dscn0222


んで、もちろん今回もかぶれるし、口も開きます。

Dscn0223

内側の歯にもこだわりが。


バイトのめぐたんにかぶせてみた。

Dscn0226 Dscn0228

はたらく初号機。


曲面・発光・可動と、前2作で磨いた技術を総動員させた今作。
なんかまた周囲から「どうにかしてカネになんねぇかなぁ」という声が聞こえてきとりますが、
私自身にはそんな気がまったくないのであしからず。


とりあえずやっぱり、

Dscn0224

ボンド最高。

| | コメント (0)

G級というか、G

帰宅して飯食ってたら約2年ぶりに天敵出現。

25分にわたる死闘と
45分にもわたる画像加工の末、

Clear_goki_2

一応ボカしたけど、サッシ周辺も汚ねぇな。

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »