« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

おすすめされた

Img55483342
3の倍数の時アホになる音声電卓

確実に1回使って飽きる製品。
いまさら感もあるし、絶対いらないけど
気になってしょうがない。

誰か買って見せてください。

| | コメント (0)

11問だけだけど

タチコマ検定

Tachiken

満点とった。

我ながらプラモデル5個(1個はウチコマ)つくったのは伊達じゃねえなと思った。

| | コメント (0)

100日

そういえば、
当日バタバタしてて書き忘れたままだった
こないだの検査結果について。

最近成人の間で流行の百日咳であろうという判定。

「ただダラダラと咳が長く続くだけで、
悪化して肺炎発症させたりとかいうことはない」との説明。

薬を打ってすぐ治るという類いの病気でもないらしく、
「100日耐えれば治る」という、人生にムダな試練を強いられるようなものらしい。

とりあえず咳止めと抗生物質もらって終了。
いまで70日ぐらいなのであと一月は続くのであろうか。

ついでにさっき、
「いま母子手帳見たら、あんた2歳のときに百日咳の予防接種受けてるんだけどね〜」
という実家からの電話。

病気も進化してるんでしょうな。

| | コメント (0)

通院日記

咳が相変わらず止まらないので3度目の通院。

ここまで薬効が出ないとさすがにおかしいということで
血液検査と胸部レントゲン、痰の採取という
病院慣れしてない身にとっては物々しくさえ思える検査ラッシュ。

レントゲンの結果は特に異常なしだが、やや肺がタテ長の人らしく、
横隔膜が下がって他の臓器から圧迫されたりとかしてるかもしれないとのこと。
小ちゃい頃のぜんそくがふきかえした可能性もアリとか。

血液検査のほうは最近成人で流行してる百日咳の検査。
結果が出るまで3日〜一週間かかるらしいので、その結果はまた来週。

「レアケースですけど、結核の可能性もゼロではないので」ってことでやらされた痰の採取。
その場でうまく出せなかったので、採取ケースもらって「出たら持ってきてください」。
妙に人懐っこい看護士のおばちゃんに
「出せって言われてもなかなか出ないわよねぇ〜」となぐさめられる。

「ちょっと強めの咳止め出しときます」と、
中島らもの本でよく読んだクスリの名前を聞かされ、飲む前なのに少々興奮。

あと、寝る前に胸に貼る気道拡張シール薬も出されて
「人によっては手がふるえることもあります。そうなった場合は使用をやめてください」。
なんか楽しげ。

あれやこれやで2時間かかった。お金もかかった。
早く健康になりたい。

| | コメント (1)

連休まとめ

ゴールデンウィークにしちゃあ中途半端な休日数なので
あえて充実した休暇を目指さず、
いかに怠惰に過ごすかをテーマにしてみたこの4日間。

■初日

前日の酒が少々残っており、全身倦怠。
昼ちょい前ぐらいに起きてカップめんか何かすすりつつ
録画してたタモリ倶楽部やらモヤさまやら精霊の守り人やらを視聴。
その後ひたすらモンハン。ティガレックスやっと倒せて満足。


■2日目

金曜の夜に飲み屋で急遽決めた靖国神社見学ツアー。
参加予定者が立て続けに二日酔い欠席で結局参加者4名。
11時過ぎに出発して2時間ぐらい見学ののち、
午後1時半から九段下で飲みスタート。
主催者の店長さんが直後の天皇賞でガックリ肩を落としたため、
学大にてお店閉めて「店長さんを励ます会」開催。
店長さん泥酔でセクハラモンスターと化し、多いに賑わう。
午後11時ごろ帰宅。


■3日目

昨日結構飲んだわりには全身が気だるい程度の軽症。
モンハンはキリンが何のこっちゃわからず不機嫌になったので早々に終了して洗濯。
オススメされたまま忘れてたエヴァンゲリオン観はじめる。
観てないなりに情報はいろいろ入ってるのと、
当時の盛り上がりを冷めた目で見てたので、本編も結構冷静に観てしまう。
もう10年ぐらい前のアニメなんだっけか。


■4日目

なんとなく、無理矢理昼過ぎまで寝てみる。
天気はいいが、窓から部屋に入ってくる風がたいへん心地よいので
そのまま出かけることもなく。
気持ちよいついでに風呂掃除したら夢中になって汗だく。
風呂場の芳香の中で自分自身の汗くささが気になり出す。
その後やっぱりまたモンハン。キリンも倒せてまあまあ進んで満足。
この連休中の総プレイ時間は約30時間。


オトナとしては実にダメダメな日々だったのだが、
予想以上に気分が良かったのでまったく後悔なし。
意外に充実してた感さえあるゴールデンウィークでした。

おわり

| | コメント (0)

待ち人

Uranai_2


ほんとに現れたら占い信じたらぁ。

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »