« 帰省日記 4日目 | トップページ | 帰省日記 6日目 »

帰省日記 5日目

私は実家では餃子係なので餃子をつくります。

Cimg1564

しいたけは必須材料ではないが、なんとなく入れたくなる。
そういえば私の知人にはアンチしいたけが多い。


Cimg1567

白菜をゆでる。
キャベツを使う場合はゆでない。あれ、ゆでたっけか?
まあ、好きずきに。


Cimg1568

んで、みじん切り。
それにしてもうちの包丁は切れない。


Cimg1565

長ネギは、まずナナメに切り込みを入れて、


Cimg1566

ひっくり返してまた切り込み入れて、それからストスト切ると
みじん切りになるのです。
昔テレビで誰かがやってたテクニックの見よう見まね。


Cimg1570

ニラ。重要だが、入れ過ぎるとニラの味しかしなくなる。


Cimg1575

ウェイパー。半固形の鶏ガラスープの素。
これもけっこう重要なのだが、実は今日のは入れ過ぎてしょっぱくなった。


Cimg1574

ウェイパーのフタ。
この顔はどうもあの国のあのお方に見えて好きになれない。


Cimg1579

各素材を素手にてグテグテと混ぜ込む。
散乱するニラの破片がコトの荒々しさを物語る。うそ。みじん切り後のただの不始末。
なんか右手が妙にイヤらしい。


Cimg1580

包みまーす。
餃子の皮は市販のやつ。さすがにこれまで手作りするのはめんどくせえし。
用意したのは一口サイズ30枚入り×2袋。
ここからの作業は内職チックでたのしい。


Cimg1581

左手の指にかぶせるように皮を置く。
んで、ぐるりに指で水つけて、


Cimg1582

餡をのせてー、


Cimg1563

猫がいる!


Cimg1584

一丁あがり。
猫のせいで重要なポイントが省略されてしまいましたが。


Cimg1586

43コできたニャー。
皮が17枚あまりましたニャー。


Cimg1587

フライパンだと全部乗りきらないので、ホットプレートで焼きます。
常時強火にして、まだあったまりきらないうちに並べる。
なぜ円状に並べたのかは自分でも不明。


Cimg1588

水入れて蒸し焼き。
赤子が泣こうがおじいちゃんがわめこうが、フタを開けてはなりませぬ。
なので透明なフタは中の様子が見られて良いですなあ。
玉手箱もガラス製だったら良かったのに。


Cimg1589

水がだいたい蒸発して、焼き音がカラカラするぐらいになったら焼き上がり。
フタとって水分飛ばします。


Cimg1590

ひっくり返してみた。おーすばらしーい。節足動物みたーい。
ちょっとだけ羽根もできた。


で、まあ、味のほうですが、
前のほうでも書いたとおり、ウェイパー入れ過ぎでしょっぱかったです。

おわり。

|

« 帰省日記 4日目 | トップページ | 帰省日記 6日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰省日記 4日目 | トップページ | 帰省日記 6日目 »