« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

頭痛日記

頭痛がひど過ぎて眠れない、という
人生史上でもかなりの上位にはいるツラい体験。

「脳腫瘍」「くも膜下出血」などという恐ろしいフレーズを頭に巡らせつつ
8時間ほどの悶絶の末、朝9時ごろになってようやく気絶するように寝付く。

夕方になって目覚め、クスリ屋へ。

「頭痛薬欲しいんですけど…」
「いつも飲んでるクスリとかあります?」
「いえ、特にないです。えぇと、寝過ぎで頭痛いときとかって…」
「寝過ぎで?」

レジのおばちゃんに半笑いされながら、薦められるがままに購入。

寝過ぎで頭痛は一般的によくある症状なはずなのだが、
医学的にはそのメカニズムはまだ解明されてないらしい。

おばちゃんがなぜ鼻で笑ったのかも解明できず。

家に戻り、軽くミニカップ麺食ってクスリ飲んで仕事。

ついでに「イブプロフェン」とか「アスピリン」とかWikipediaで調べてるうちに
だんだん薬学のお勉強に興味持ちはじめたり。
最近ハマり中の中島らもの影響か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪ひいて

咳き込んだりもしたけれど、私はげんきです。

と、ふざけたコピーを思い浮かべつつ静養中なのですが、
まったくげんきではありませぬ。

咳のしすぎでクタクタです。
咳1回につき約2キロカロリーを消耗するのだそうです。
50回でジョギング12分ぐらいに相当するのだそうです。

寝てるのに疲れるのです。


ところで、
世間は納豆で大騒ぎのようですね。
粗製濫造の健康云々番組、要は「好き嫌いすんな」ってことでしょ。
なにをいまさらイチ食品でガタガタと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もじぴったんDS記念で

今回も作業やらせていただきました『無料おためし版もじぴったん』
もじぴったん生誕5周年と3月15日のDS版発売を記念して
今月から3ヶ月連続でステージ更新(後半6ステージを毎月)です。

DS版は2,940円(税込)という驚愕の値段。
みなさん買いませう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

箱買いしたい

ビールのつまみに、と、なんとな〜く買った焼うるめ
いま現在において、世界一美味いものだと思う。

あまりの美味さに感動したのでブログに書いた次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遊ぶ

休暇明けの一週間、仕事はりきり過ぎた。
疲れた。
土日は遊ぶ。

070113_135901_1

でも遊びもはりきり中。
結局疲れそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かしこき母子の会話

こないだ、『牡』という字を見て

私:「“カキ(牡蠣)”の“カ”、か?」
母:「うん。“ぼたん(牡丹)”の“ぼ”」

という会話をしたんですが、
なんか、正しい気がしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰京日記

昨夜東京に帰還。

出発直前にいきつけのバーのマスターから
「新年会っぽく振る舞い酒するから来てねー」
とのメールを受け、お土産追加購入。

新幹線。
3列席の窓側席で喜んでたのだが、ここはトイレに立ちにくい。
となりの2席に座った若夫婦がテーブルにおつまみひろげてブランデー飲みはじめ、
二人とも眠りこけた頃にタイミング悪く催す。
ちょっと目を覚ました一瞬をついて事なきを得る。

強風の影響で一部徐行運転。約20分遅れで到着。

録画してたお笑いウルトラクイズ観ながら粗末な夕食。

夜も更けた頃にお土産もってバーへ。
満席。
ソファ席詰めてもらってどうにか落ち着く。
必殺のお土産はやはり大好評。
「次いつ青森帰るの?」と催促される。

ほどよく酔っぱらって午前3時帰宅。
疲れと酔いで泥に沈むように眠る。

昼前に起きたら部屋が漆黒の闇。
窓のシャッター開けるの忘れてた。

シャワーあびてコーヒー飲んで、録り溜めしてた番組どれから観ようか悩みつつ現在に至る。

明日からは忙しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰省日誌6

丸一週間の帰省も今日が最終日。明日東京戻りますがー

当初タイトルを「日誌」とすべきか「日記」とすべきか、
たしか酔った頭で考えた末、気分で「日誌」としたタイトル、
やっぱり「帰省日記」にすべきだったな、と、
広辞苑で調べて思った次第です。いまさら。
※「日記」のほうが一般的には私的・個人的なもんなのだそうですよ。


で、大雨の最終日。
どこにも出かけられず。
食い物しか記録することねーよー。


Cimg1416

朝飯兼昼飯。小洒落た言い方だとブランチ。
フランスパンにレタスとスライスチーズとウインナー焼いたの挟んだの。
こういうのを大口あけてワシワシ食うと野性が蘇える気がする。


Cimg1417

用事で出かけた親が気まぐれで買ってきたケーキ。
もちろん誰もお誕生日ではない。
3時のおやつ(三十路の男がなにが“おやつ”じゃ)に、角度にして120度食う。
夕食後に90度。
ひとりで一日に210度食った。当分生クリームはいらない。


Cimg1421

風呂上がりにスイカ。22.5度。志村けんのように喰らう。

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰省日誌5

ぼんやりしてたらおかあちゃんに
「あんたヒマそうだから夕飯つくれ」と。

そんなわけでカレーです。

Cimg1398

材料一覧。
残り物のニンジンと玉ねぎ半個、賞味期限切れの豚バラうすぎり肉がチープさを醸しており
実に家庭的かつ経済的。
我が家のカレールウはいつもハ○スジャ○カレー辛口なのですが、
買い置きがなかった&買いにいったら店にもなかったので
ちょっと高めのグ○コカレーZE○PIN辛口を買ってみた。


Cimg1401

玉ねぎを A:痛める B:悼める C:傷める D:炒める E:撓める
正解は下のほうで。


Cimg1402

10分経過。
まだまだどうしようもなく玉ねぎ色。


Cimg1403

20分経過。
ラッキョ色。


Cimg1405

30分経過。
輪ゴム色。もうくたびれた。


Cimg1406

玉ねぎ炒めに飽きたので一旦本編へ。
炒め→煮込みに最適な鍋が見つからないので
お気に入りの“本格派”行平鍋。
まずはにんにくのみじん切りを油で熱する。
にんにくはみじん切りにする前に包丁の腹でつぶすと香りが立つですよ奥さん。


Cimg1408

肉、にんじんを炒める。
じゃがいもは炒めると崩れるのであとで。


Cimg1409

水入れて煮込む。じゃがいもとか、具用の玉ねぎとかも入れる。
ちなみに「日本一うまい水道水の地」なので料理水は水道水でオーケー。
実家でミネラルウォーターなど買ったことなし。


Cimg1410

ふと横を見たらフライパンの余熱で玉ねぎが飴色になってた。

正解はD。
ああ、もう途中で「炒める」出てきてたな。

なぜこんなしょーもないクイズを出したかというと、
単純に「いためる」が一発で変換できなかったから。ただそれだけ。


Cimg1411

飴色玉ねぎ投入。煮込むまーす。


Cimg1413

にんじんが柔らかくなったとこで一旦火を止めルウ投入。
こだわる人はここにチャツネやらチョコレートやらインスタントコーヒーやら胃薬やら入れるのでしょうが、
ここはひとつ、グ○コの味覚に全信頼を。


Cimg1414

完成。
ちなみにワタクシ、福神漬けとかラッキョとかはとくに入れたいと思わない派です。
勧められれば拒みませんが。

長々とドキュメントしといてこんなこと言うのもなんですが、
イマイチでございました。

やっぱりハ○スジャ○カレーのがいいかなあ、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰省日誌4

弟のアパート視察に青森市へ。

Cimg1389

某大型ショッピングセンター内のめし処から青森山田高校を望む。


Cimg1388

昼食 海老天丼 驚愕の580円。
しかし値段からしてボリュームに難ありとの判断が的中、


Cimg1391

まぐろ丼 600円も注文。
みそ汁は1杯で充分なので鍋焼きうどんの弟にやる。
両方完食でぴったり満腹。


Cimg1393

ショッピングセンター内のイベント広場。
「ケロロ軍曹ショー」開演1時間前。
すまぬ、興味ねえ。


Cimg1394

覗いたの立入禁止場所だし。


Cimg1395

弟のアパートにて。
ファミコン&ディスクシステムのティッシュカバー。
欲しい。が、ディスクシステムの前面はシール。
本物加工して作ったほうが良いのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰省日誌3

1月2日。
おそろしいほど何もなかった一日。
なので撮った写真をテキトーに。


Cimg1382

真冬のスイカ。
熊本にいる親父の友達からの贈り物。


Cimg1384

1/4に切ったあと、包丁を真ん中にナナメにいれると
全ピースの頂点に中心部がきて甘さが均等になるのです。
頭いいー。


Cimg3034

うわさのせんべい汁。
郷土料理を謳ってはいるがB級グルメ感がぬぐえず、
普段の夕食で食ってる家庭はないと思われる。
でも茨城から親戚が来てるので今日は特別。


Cimg1386

庭に闖入してきた黒猫とカラス2羽によるブラックアニマルトライアングル。
あえて吉兆といたしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しし年にちなんで

四肢で書いてみました。

Kinga_sisi_1


今年もよろしくお願いいたします。

本当に足で書いたですよ。

061229_130902

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »