« 帰省日誌1 | トップページ | しし年にちなんで »

帰省日誌2

ワタクシ、餅につける用の「くるみソース」づくり係なのです。

お料理レシピブログみたいになりそうですがー

Cimg1360

くるみを割るところからスタート。
朝起きたらもう準備されてた。
今年は不作だったらしく、去年おととしぐらいの保存してたやつ。


Cimg1362

用意されてたカナヅチがへっぽこだったのでハンマーに交換。
かち割ります。むごい。


Cimg1363

凄惨な現場。
しかしチラシのほうにピント合っちゃってナチュラルなボカシが。


Cimg1366

バーベキュー用の串でほじくりんぐ。
どんなに慎重にやっても殻の破片は混入します。
左手首に残った軍手の痕が肉体の老いを感じさせます。


Cimg1367

炒る。
鍋の取っ手の「本格派」がイカす。


Cimg1369

落語とかだと擂り鉢の“すり”が縁起悪いので「あたり鉢」と呼びます。
「するめ→あたりめ」と同じ理屈ですな。


Cimg1370

脂ギッシュになってきた良きところで砂糖・しょう油・塩少々を加え、


Cimg1371

熱湯を注いで粘度を調整しつつ渾身の力でまぜりんぐ。


Cimg1372

できましてございまーす。


Cimg1373

で、保存容器にできるだけいいかげんに移す。
その理由は、


Cimg1378

擂り鉢を餅で掃除するから。
うめー。

|

« 帰省日誌1 | トップページ | しし年にちなんで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰省日誌2:

« 帰省日誌1 | トップページ | しし年にちなんで »